Skip to content

concrete5のフォームの住所

concrete5の標準フォームでは、住所を選択することができます。

フォーム追加

編集モード > ブロック追加 > フォーム を選択すると、フォームを追加できます。

フォームフィールド欄には、テキスト、テキストエリア(複数行)、チェックボックスなどがあります。住所も用意されています。

concrete5のフォームで住所

フォームを作成すると、以下のように、都道府県を選択できる項目欄が表示されます。

concrete5 のフォーム

都道府県を1つずつ入力しなくても、利用できるのが嬉しいですね。

※「住所」の一部として表示されます。このため、市町村・番地などの入力欄も一緒に表示されます。

concrete5について

PHPで記述されているCMS(コンテンツ管理システム)です。Symfonyコンポーネントを利用しています。オープンソース(ライセンスはMIT)で無償公開されています。