Skip to content

オープンストリートマップ

自由に使える地図、オープンストリートマップを使ってホームページに地図を表示する方法です。

オープンストリートマップで表示すると、

  • かなり正確な地図を表示できる
  • 特定の地点にマーカーをおくことができる
  • ユーザー側で拡大・縮小できる。地図を移動することもできる
  • 様々な画面サイズで表示できる(画面が小さい場合は端が隠れる形で表示される)

という特徴があります。

デメリットとしては、

  • 表示されるまで時間がかかることがある(配信元の負荷状況に依存する)
  • 利用者が少ないところは、地図の情報量が少ない

というものがあります。

サンプルは伏見ランチマップをごらんください。

ホームページ作成管理ソフトconcrete5では、地図をホームページに表示する公式アドオンが公開されています。